簡単に音が出る!?トランペットの音の出し方 | Done For Enjoyment

簡単に音が出る!?トランペットの音の出し方

腹式呼吸をマスターしよう!

腹式呼吸はトランペットを演奏するにあたって絶対必要なものです!腹式呼吸をすることにより、長く演奏することが可能になりますので、マスターしましょう!まず下腹部に手を置きます。そして置いた手のところに向かって息を吸います。そうすると下腹部が膨らむのが分かります。つそのとき肩が上がらないようにして下さい。肩が上がるということは腹式呼吸ができていない証拠となります。次に息を吐くのですが、吐くときにはお腹をへこまします。それが腹式呼吸です。

二本の指で音を出そう!

ピースを作る形に手をします。そして立っている2本の指の腹を唇につけて下さい。口元をやや左右に引っ張り、唇を閉じた状態で息を出して下さい。そのときに唇の中央に意識を持っていくと吹きやすくなるでしょう。感覚としては唇をブルブル震わせて音を鳴らすリップロールに近いものがあると思います。リップロールのときは唇を緩ませて行うと思いますが、今回の場合は唇にやや力を込めて閉じて行うと思って吹くとやりやすいでしょう。

マウスピースで音を出そう!

先ほどの2本の指で音を鳴らすことに成功したら次はマウスピースで音を鳴らしてみましょう。マウスピースの持ち方は、人差し指と中指を上に、親指を下にして挟みます。そしていよいよ音を鳴らすのですが、まずマウスピースを唇の真ん中に持っていきます。そして先程2本の指で鳴らしたときと同じように息を吐いてみましょう。そうすると、ブーという音が出ると思います。その音が出ると実際にトランペットにマウスピースをつけても音がでます。最初のうちはなかなか音が出ない方もいらっしゃいますが、根気強く続けていたら必ず音は出ますので、頑張りましょう。

サックスとはフルートやクラリネットと同じ木管楽器の一つです。リードを使って息を吹き込み音を出します。